ユーロスペース

オンラインチケット購入

トップページ > ゲバルトの杜 ~彼は早稲田で死んだ~

ゲバルトの杜 ~彼は早稲田で死んだ~

5月25日(土)公開

内田樹、池上彰、佐藤優と当事者たちが“あの時代”を語り、
鴻上尚史・演出の短編劇が炙り出す“内ゲバ”の不条理
死んでいった者たちと生き残った者たちの、悔恨と鎮魂を刻印するミクスチャー・ドキュメンタリー

ゲバルトの杜 ~彼は早稲田で死んだ~

Ⓒ「ゲバルトの杜」製作委員会(ポット出版+スコブル工房)

“内ゲバ”の死者は100人を超える。
約50年前の1972年11月8日、早稲田大学キャンパスで一人の若者が殺された。第一文学部二年生だった川口大三郎君。自治会を牛耳り、早大支配を狙う新左翼党派による凄惨なリンチが死因だった。学生運動終焉期にエスカレートした“内ゲバ”の嵐。その死者は100人を超える。理想に燃えた当時の若者たちが、革命という名の下に肯定していった「暴力の論理」を今、解き明かす――。

“内ゲバ”の真相に当事者の視点から切り込んだ書籍「彼は早稲田で死んだ」との出会いから本作の製作は始まった。著者の樋田毅をはじめ、現在は70代前後の当事者たちの証言が積み重ねられていく一方で、「内ゲバとは何だったのか?」という大きな疑問がひろがっていく。その疑問を現代に手繰り寄せるために、川口くん事件を再現する短編劇パートを創作。演出は、早大出身の劇作家・鴻上尚史、演じるのは現代の若者たち。
監督は、『三里塚に生きる』『三里塚のイカロス』『きみが死んだあとで』で、政治闘争が渦巻いた“あの時代”を描き続けてきた代島治彦。徐々に過去の歴史になりつつある時代の記憶と体験を、四たびドキュメンタリー映画に凝縮した。音楽は、代島監督作品には欠かせない大友良英が担当。激情と悔恨が織り混ざった楽曲が、本作全体を覆う暴力と無力感、そして相反する鎮魂のイメージを奏でる。“内ゲバ”を巡る不条理と、“あの時代”の熱量と悔恨を、立体的な手法で刻印したミクスチャーなドキュメンタリー映画がここに誕生した。

監督・企画・編集:代島治彦/出演:池上彰、佐藤優、内田樹、樋田毅 ほか
劇パート 脚本・演出:鴻上尚史/劇パート出演:望月歩(川口大三郎 役)、遠藤琴和(女闘士 役)ほか
2024/日本/134分/日本語/カラー/DCP 配給:ノンデライコ

  • 特報

  • 公式サイト

    http://gewalt-no-mori.com/

  • 公開日

  • 上映時間

    5月25日(土)、26日(日) 10:30/13:10/16:10
    5月27日(月)~31日(金) 10:40/13:20/16:00
    6月1日(土)~7日(金) 10:45/13:25
    6月8日(土)、9日(日) 10:45/13:00
    6月10日(月)~14日(金) 10:45/13:10
    6月15日(土)、16日(日) 10:30/13:00
    6月17日(月) 10:45/13:05
    6月18日(火) 10:45/13:15
    6月19日(水)~21日(金) 10:45/13:05
    6月22日(土)以降も続映予定

  • 入場料金

    一般1,900円/大学・専門学校生1,400円/会員・シニア1,300円/高校生800円(オンラインは900円)/中学生以下500円(オンラインは600円)

  • イベント情報

    ■トークイベント
    6月8日(土) 13:00の回上映後
    ゲスト:堤幸彦さん(映画監督)、代島治彦監督

    6月9日(日) 13:00の回上映後
    ゲスト:雨宮処凛さん(作家/活動家)、代島治彦監督

    6月15日(土) 13:00の回上映後
    ゲスト:石田英敬さん(東京大学名誉教授/本作出演)、代島治彦監督

    6月16日(日) 13:00の回上映後
    ゲスト:北野隆一さん(朝日新聞編集委員)、代島治彦監督


    ■舞台挨拶
    5月26日(日) ①10:30の回上映後 ②16:10の回上映前
    ゲスト:代島治彦監督

    5月26日(日) 13:10の回上映後
    ゲスト:代島治彦監督、樋田毅さん(原案本『彼は早稲田で死んだ』著者)

    6月8日(土) 10:45の回上映後
    ゲスト:代島治彦監督

    6月9日(日) 10:45の回上映後
    ゲスト:代島治彦監督


    ■初日舞台挨拶
    5月25日(土) ①10:30の回上映後 ②16:10の回上映前
    ゲスト:代島治彦監督

    5月25日(土) 13:10の回上映後
    ゲスト:代島治彦監督、鴻上尚史さん(劇パート演出)、望月歩さん、琴和さん、峰岸航生さん、香川修平さん、半田貴大さん(以上 本作出演)

TOP