ユーロスペース

オンラインチケット購入

トップページ > 女優 原田ヒサ子

女優 原田ヒサ子

6月1日(月)公開

女優 原田美枝子が、自ら制作・撮影・編集・監督を手掛け、母のために作
り上げたドキュメンタリー。
老いを見守る家族それぞれに、愛おしい物語がある。

女優 原田ヒサ子

©MiekoHarada

認知症が進み、まるで我が事のように娘の人生を語りだした、女優・原田美枝子の母、ヒサ子。認知症の人は、自分が一番輝いていた時代に戻ることが多いけれど、自分以外の人の記憶を語るということは珍しいという。母の記憶が娘の人生とオーバーラップしていることに驚いた美枝子は、母の人生を振り返り、母の心の中に残されていた夢を叶えようと思い立つ。
本作は、15歳から女優として、黒澤明、増村保造、勝新太郎、深作欣二、平山秀幸といった錚々たる映画監督の作品に出演し、45年もの間カメラの前に立ってきた原田美枝子が、初めてカメラの後ろに立ち自らの母のために作り上げた24分のドキュメンタリー映画だ。

誰にでも親がいて、それぞれの親子の関係がある。うまく行っている人も、そうでない人もいる。そして、誰もが、その老いに向き合うことになる。この映画は、今、大事な人の老いや、大変な介護という現実に直面している人達にとって、一つの向き合い方としてのヒントになるかもしれない。
美枝子の長男の石橋大河(VFXアーティスト)、長女の優河(シンガーソングライター)、次女の石橋静河(女優)ら孫たちをはじめ、母ヒサ子の映画を作る美枝子の思いに賛同する人々が協力し、90歳の女優デビューとなる撮影のカチンコボードが叩かれた――

制作・撮影・編集・監督:原田美枝子
2019年/日本/カラー/DCP/24分

  • 公式サイト

    https://www.haradahisako.com/

  • 公開日

  • 上映時間

    6月1日(月) 13:30/17:00
    6月2日(火)~5日(金)12:00/17:00

  • 入場料金

    1000円

  • 前売券情報

  • イベント情報

TOP