ユーロスペース

オンラインチケット購入

トップページ > 五億円のじんせい

五億円のじんせい

7月20日(土)公開

かつて五億円の募金で命を救われた少年。17歳の夏、死ぬために始めた闇バイトで見つけた、命の本当のねだん。

五億円のじんせい

©2019『五億円のじんせい』NEW CINEMA PROJECT

幼少期に五億円の募金で命を救われ、元気に高校生になった望来(みらい)くん。五億円にふさわしい人生って?絶望した彼はSNSで自殺を宣言。そこへ見知らぬ誰かから「死ぬなら五億円返してから死ね」というメッセージが届く…。

GYAOとアミューズが新時代を担う新たな才能の発掘を目指し、企画、出演者、ミュージシャンをオーディションで選出しながら映画を完成させるとう挑戦的な取り組み「NEW CINEMA PROJECT」。約400本の中から第一回グランプリを受賞したのは、脚本の蛭田直美と文晟豪(ムン・ソンホ)監督のコンビによる本作だ。主人公は幼い頃に、善意の募金五億円により手術に成功し命を救われた17歳の少年、高月望来。健康に成長した望来は、五億円にふさわしい自分であろうとして周囲からの期待を引き受け、窮屈な青春を送っていた。ある日、とある出来事をきっかけにSNSの裏アカウントで自殺を宣言したところ、見知らぬアカウントから「死ぬなら五億円返してから死ね」というメッセージが届く。家を飛び出し、添い寝カフェ、ワケあり清掃、振り込め詐欺?!など未体験の闇バイトやクセモノたちとの出会い、アブナイ事件に次々に巻きこまれながら、望来が見つけたものとは…?!

主人公に抜擢されたのは、撮影時に役柄同様、高校3年生だった望月歩。映画『ソロモンの偽証』やドラマ「3年A組―今から皆さんは、人質です―」などに出演、鮮烈な印象を残して来た望月歩にとって本作は初主演作となる。家出をして新しい世界に出会いしなやかに成長していく望来をみずみずしく体現している。そして望来が入院中の小児病棟で慕っていた年上の少女・橘明日香を演じるのは、ロッテ「ガーナ」のCMを初め映画『ミスミソウ』での主演も記憶に新しい山田杏奈。また、本プロジェクトのキャスト部門でグランプリを受賞した兵頭功海、審査員特別賞を受賞した小林ひかりも出演。その他共演者には、望来を愛するシングルマザーの母役に西田尚美ほか、森岡龍、平田満、松尾諭、水澤紳悟、芦那すみれ、諏訪太朗等、日本の映画界を支える実力派が集結した。主題歌「みらい」を歌うのは、本プロジェクトのミュージシャン部門でグランプリを受賞した広島在住のラッパーZAO。グランプリ受賞曲「夜に溶けて」とは別に本作オリジナルの主題歌「みらい」を書き下ろしている。

監督:文晟豪/脚本:蛭田直美/出演:望月歩、山田杏奈、森岡龍、平田満、西田尚美
2019年/日本/112分/カラー/シネスコ/5.1ch/配給:NEW CINEMA PROJECT

TOP