ユーロスペース

オンラインチケット購入

トップページ > ギヨーム・ブラックの夏<フィクションとドキュメンタリー>

ギヨーム・ブラックの夏<フィクションとドキュメンタリー>

7月27日(土)公開

ついに『宝島』公開! ギヨーム・ブラック監督特集

ギヨーム・ブラックの夏<フィクションとドキュメンタリー>

© bathysphere 2018

ギヨーム・ブラック監督『宝島』公開とともに、これまでの監督作品を特集上映。この夏、ぜひスクリーンでご覧ください!

■上映作品

・『遭難者』+『女っ気なし』
・『やさしい人』
・『勇者たちの休息』+『7月の物語』
・『みんなのヴァカンス』
・『宝島』
・『リンダとイリナ』


『遭難者』
『女っ気なし』のプロローグとなる作品。
フランス北部の町オルトで、自転車がパンクしたリュック。それを見た地元の青年シルヴァン。シルヴァンはリュックを助けようとするが……。

監督:ギヨーム・ブラック/撮影:トム・アラリ
出演:ジュリアン・リュカ、ヴァンサン・マケーニュ、アデライード・ルルー
2009年/フランス/フランス語/カラー/25分/1.85:1/5.1ch/原題:Le Naufragé/日本語字幕:高部義之/配給:エタンチェ

『女っ気なし』
ギヨーム・ブラック監督の劇場デビュー作。
フランス北部の小さな町オルト。夏の終わり、地元の青年シルヴァンが管理するアパートを、ヴァカンスに来た母娘が訪れる。明るくて奔放な母と少し内気な娘。3人は海水浴や買い物をして仲良く過ごしていたが、やがてヴァカンスの終わりが近づき……。

監督:ギヨーム・ブラック/撮影:トム・アラリ
出演:ヴァンサン・マケーニュ、ロール・カラミー、コンスタンス・ルソー、ロラン・パポ
2011年/フランス/フランス語/カラー/58分/1.85:1/5.1ch/原題:Un monde sans femmes/配給:エタンチェ
***********************************************************************
『やさしい人』

ギヨーム・ブラック監督の長篇第一作。
フランス・ブルゴーニュ地方、まもなく冬を迎える静かな町トネール。
少しだけ名の知れたミュージシャンのマクシムは、殺伐としたパリの生活から逃れ、実家に戻ってくる。しかし父親とは、どこかぎこちない雰囲気。
そんな中、マクシムは心の隙間を埋める若い女性と出会う。ワイン工場に行ったり、スキーをしたり、互いに心を通わせる二人。このまま幸せがつづくと思ったが、突然、彼女はマクシムの前から姿を消す……。

監督:ギヨーム・ブラック/撮影:トム・アラリ
主演:ヴァンサン・マケーニュ、ソレーヌ・リゴ、ベルナール・メネズ
2013年/フランス/フランス語/カラー/100分/1.85:1/5.1ch/原題:Tonnerre/日本語字幕:高部義之/配給:エタンチェ
**************************************************************************
『勇者たちの休息』
スイスとフランスに跨るレマン湖畔からアルプス山脈を抜け、地中海のニースに至る自転車観光ルート「大アルプス・ルート」。約720キロからなるそのルートを縦断しようと毎年6月末、約60人もの自転車愛好家たちが集まってくる。

監督:ギヨーム・ブラック/撮影:マルタン・リット
2016年/フランス/フランス語/カラー/38分/1.85:1/5.1ch/原題:Le Repos des braves/日本語字幕:高部義之/配給:エタンチェ

『7月の物語』
パリと郊外。5人の若い女と5人の若い男。二つの物語。ある夏の一日。

第一部「日曜日の友だち」L’Amie du dimanche
7月の晴れた日曜日、会社の同僚ミレナとリュシーは、女二人でパリ郊外セルジー=ポントワーズのレジャーセンターへ遊びにいくが、些細なことで芽生え始めた友情に亀裂が入る。

第二部「ハンネと革命記念日」Hanne et la fête nationale
7月14日、革命記念日で盛り上がるパリ。国際大学都市に住む女子留学生のハンネは、明日の帰国を前に、パリ最後の夜を楽しもうとするが……。

監督:ギヨーム・ブラック/撮影:アラン・ギシャウア
2017年/フランス/フランス語/カラー/71分/1.33:1/5.1ch/原題:Contes de juillet/日本語字幕:高部義之/配給:エタンチェ
***************************************************************************
『みんなのヴァカンス』

夏の夜、セーヌ川のほとりで、フェリックスはアルマに出会い、夢のような時間を過ごす。翌朝、アルマはヴァカンスへ旅立ってしまう。フェリックスは、親友のシェリフ、相乗りアプリで知り合ったエドゥアールを道連れに、彼女を追って南フランスの田舎町ディーに乗りこむ。自分勝手で不器用なフェリックスと、生真面目なエドゥアール、その仲を取り持つ気の優しいシェリフ。
サイクリング、水遊び、恋人たちのささやき。出会いとすれちがい、友情の芽生え……。 3人のヴァカンスも、みんなのヴァカンスも、まだはじまったばかり──。

監督:ギヨーム・ブラック/撮影:アラン・ギシャウア
2020年/フランス/フランス語/カラー/100分/1.66 : 1/5.1ch/原題:À l’abordage/日本語字幕:高部義之/配給:エタンチェ
***************************************************************************
『宝島』
パリ近郊セルジー=ポントワーズにあるレジャーアイランド。
ここはある者には冒険、誘惑、危険を冒す場所。またある者には避難、逃避の場所である。
世界の喧騒とどこかで共鳴しながら、歓喜あふれる遊泳場から人目につかない秘密の片隅、そして子供たちの夢見る王国まで、今ひと夏の探検がはじまる。

監督:ギヨーム・ブラック/撮影:マルタン・リット/録音:ニコラ・ジョリ/助監督:ファティマ・カスィ
2018年/フランス/フランス語/カラー/97分/1.66 : 1/ステレオ/原題:L’ Île au trésor/字幕翻訳:高部義之/配給:エタンチェ
***************************************************************************
『リンダとイリナ』
フランス北部の町エナン=ボーモン。もうすぐ夏休みになる高校では、親友のリンダとイリナがTikTokを撮ったり、家族や将来の悩みを互いに打ち明けたりしています。しかしこの夏、リンダは引っ越します。リンダはイリナに心を開いたことで、別れは複雑になります。夏の始まりに心が沈む二人。彼女たちの友情には何が残るのでしょうか? 過ぎ去る夏の素晴らしい物語。

監督:ギヨーム・ブラック/撮影:エマニュエル・グラ
2023年/フランス/フランス語/カラー/38分/1.33 : 1/5.1ch/原題:Un pincement au cœur/字幕翻訳:高部義之/配給:エタンチェ

配給:エタンチェ

  • 公開日

  • 上映時間

    7月27日(土)~8月2日(金) 11:00『遭難者』+『女っ気なし』/12:50『宝島』/14:55『みんなのヴァカンス』/17:00『やさしい人』/19:05『リンダとイリナ』
    8月3日(土)~9日(金) 11:00『勇者たちの休息』+『7月の物語』/13:15『宝島』/15:20『みんなのヴァカンス』/17:25『リンダとイリナ』/18:30『やさしい人』
    8月10日(土)~16日(金) 11:00『やさしい人』/13:05『宝島』/15:10『リンダとイリナ』/16:15『みんなのヴァカンス』/18:20『遭難者』+『女っ気なし』
    8月17日(土)~23日(金) 11:00『リンダとイリナ』/12:05『みんなのヴァカンス』/14:10『宝島』/16:15『遭難者』+『女っ気なし』/18:05『勇者たちの休息』+『7月の物語』

  • 入場料金

    ●『宝島』一般1,900円/大学・専門学生1,400円/会員・シニア1,300円
    ●『リンダとイリナ』一般1,300円/会員・学生・シニア1,000円
    ●上記以外の作品 一般1,500円/会員・学生・シニア1,100円

    ◇リピーター割引:劇場受付にてご購入時に半券ご提示で一般料金から200円割引

  • 前売券情報

  • イベント情報

TOP