ユーロスペース

オンラインチケット購入

トップページ > いとみち

いとみち

6月25日(金)公開

わぁ、三味線弾ぐ。
オール青森ロケ。鬼才横浜聡子監督が「市井の人々」描いた最高傑作。

いとみち

(C)2021『いとみち』製作委員会

心に染み入る日本のソウルミュージック――津軽三味線がつむぐ珠玉の人間ドラマ。祖母、父と共に三世代で暮らし、家族愛に包まれていた少女が、社会の荒波をたくましく生きる人々とふれあい、成長する――。松本潤、上野樹里主演で映画化され大ヒットした「陽だまりの彼女」の原作者である越谷オサムのベストセラー青春小説「いとみち」(新潮文庫刊)がついに映画化!脚本・監督は『ウルトラミラクルラブストーリー』『俳優 亀岡拓次』などで知られる青森出身の鬼才・横浜聡子。ポップで人情味あふれる越谷ワールドに横浜監督らしい風刺精神が融合し、先の見えない時代に生きる市井の人々を温かなまなざしで描いた最高傑作が誕生した。

凛とした意志を感じさせるヒロイン・いとには新星駒井蓮(『名前』)。津軽三味線を猛特訓し、劇中で演奏に挑んだ。シングルファーザーで民族学者の父役には名優、豊川悦司。思春期の娘の自立に同様しつつも懸命に寄り添い、不器用ながらも再び親子の絆を結び直していく様が胸を打つ。祖母役は、津軽三味線の巨星、故・高橋竹山の最初の弟子である西川洋子が初めての芝居に挑戦し、心地よい津軽弁が映画に軽やかさと温もりをもたらしている。物語の主人公は津軽三味線が得意な16歳の高校生いと。強い訛りのせいでなかなか人に心を開けないが、芯は「じょっぱり」(意地っ張り)。そんな彼女が「津軽メイド珈琲店」で初めてのアルバイトを体験する――。

監督:横浜聡子/出演:駒井蓮、豊川悦司、黒川芽以、横田真悠、中島歩、西川洋子
2021年/日本/116分/配給:アークエンタテインメント

  • 予告編

  • 公式サイト

    http://www.itomichi.com/

  • 公開日

  • 上映時間

    6月25日(金) 13:15/15:40/18:05/20:30
    6月26日(土) 10:40/13:10/16:00/18:15
    6月27日(日)~7月2日(金) 10:20/12:50/15:20/17:50
    ※7月3日(土)以降続映、上映時間未定

  • 入場料金

  • 前売券情報

  • イベント情報

    ■舞台挨拶
    6月26日(土)13:10の回上映後
    ゲスト(予定):駒井蓮さん、ジョナゴールドさん(りんご娘)、横浜聡子監督/MC:伊藤さとりさん

    料金:通常料金/全席指定(各種前売り券・特別鑑賞券使用可/無料鑑賞券・招待券は使用不可)

    舞台挨拶回のチケットは6月23日(水)0:00よりオンライン、23日(水)開館時より劇場窓口にて販売。

TOP