ユーロスペース

オンラインチケット購入

トップページ > はりぼて

はりぼて

8月16日(日)公開

保守王国、富山県の小さなテレビ局の追求で、市議14人がドミノ辞職
報道によって人の狡猾さと滑稽さを丸裸にさせた、今の政治を抉るドキュメンタリー

はりぼて

© チューリップテレビ

「政務活動費を巡る調査報道」により日本記者クラブ賞特別賞、ギャラクシー賞報道活動部門大賞、菊池寛賞を総ざらいした富山の若いテレビ局が、その後3年間の取材を重ねパワーアップ!日本の政治を地方議会から問い直す問題作!

2016年8月、平成に開局した若いローカル局「チューリップテレビ」のニュース番組が「自民党会派の富山市議 政務活動費事実と異なる報告」とスクープ報道をした。この市議は“富山市議会のドン”といわれていた自民党の重鎮で、その後、自らの不正を認め議員辞職。これを皮切りに議員たちの不正が次々と発覚し、半年の間に14人の議員が辞職していった。本作は、テレビ番組放送後の議会のさらなる腐敗と議員たちの開き直りともいえるその後を追った政治ドキュメンタリー。あっけなく辞職する議員たちの滑稽な振る舞いは、観る者の笑いを誘わずにいられない。「はりぼて」を目に当たりにした記者たちのそばにも「はりぼて」はあった。追及する記者を含めた私たちは、腐敗した議会や議員たちを笑うことしかできないのだろうか。「はりぼて」は誰なのか?地方からこの国のあり方を問うドキュメンタリーが誕生した!

監督:五百旗頭幸男、砂沢智史/語り:山根基世/声の出演:佐久田脩
2020年/日本/日本語/カラー/ステレオ/100分/配給:彩プロ

  • 予告編

  • 公式サイト

    https://haribote.ayapro.ne.jp/

  • 公開日

  • 上映時間

    8月16日(日) 11:00/13:20/15:25/17:30
    8月17日(月)~21日(金) 11:00/13:10/15:20/17:30
    8月22日(土) 11:00/13:10/15:50/18:00/20:10
    8月23日(日) 11:00/13:20/15:25/17:40
    8月24日(月)~28日(金) 11:00/13:10/15:20/17:40
    8月29日(土) 11:00/13:20/15:25
    8月30日(日) 10:40/12:50/15:20/17:40
    8月31日(月) 10:10/12:20/18:25
    9月1日(火) 10:40/12:50/15:20/17:35
    9月2日(水)~4日(金) 10:40/12:50/15:20/17:35
    9月5日(土)~11日(金) 10:10/12:20/14:30/18:30
    9月12日(土)~18日(金) 10:00/12:10/14:20/19:20
    9月19日(土) 9:45/14:10
    9月20日(日)~25日(金) 9:55/14:25
    9月26日(土)~10月2日(金) 10:00/14:25
    ※10月3日(土)以降の上映時間は未定

  • 入場料金

    一般1800円/大学・専門学校生1400円/会員・シニア1200円/高校生800円/中学生以下500円

  • イベント情報

    【舞台挨拶&トークショー】
    8月16日(日) 11:00の回上映後 舞台挨拶 ゲスト:五百旗頭幸男監督、砂沢智史監督、本木克英さん(映画監督)
    8月23日(日) 11:00の回上映後 トーク ゲスト:服部寿人さん(プロデューサー)、金平茂紀さん(TVキャスター、記者)
    8月29日(土) 11:00の回上映後 トーク ゲスト:砂沢智史監督、松原耕二さん(BS-TBS「報道1930キャスター編集長)
    9月26日(土) 10:00の回上映後 トーク ゲスト:五百旗頭幸男監督、砂沢智史監督、望月衣塑子さん(東京新聞記者)
    9月27日(日) 10:00の回上映後 トーク ゲスト:五百旗頭幸男監督、砂沢智史監督、大島新さん(ドキュメンタリー監督)

    ※舞台挨拶及びトークイベントは、新型コロナ感染拡大予防のためリモートで行う可能性がございます。

    ※初日舞台挨拶についてのお知らせ
    8月13日にチューリップテレビ東京支社勤務の社員が新型コロナウィルスの陽性と診断されました。その社員は富山で8月7日(金)から10日(月)まで富山県に出張で滞在しておりました。『はりぼて』の関係者で濃厚接触者はないものの、砂沢智史監督と服部寿人プロデューサーが現在チューリップテレビ社長室兼務であり、事実関係の確認やプレスリリースなど社内外の対応に追われ上京することが不可能になっていることから、砂沢監督と五百旗頭監督は富山からのリモート、ゲストの本木克英監督は劇場にて舞台挨拶することにいたしました。ただし、機材や接続の不調などにより、リモート中継ができない場合がございます。
    皆様方にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

TOP