ユーロスペース

オンラインチケット購入

トップページ > アートのお値段

アートのお値段

8月17日(土)公開

なぜ現代美術が億単位で売れるのか!?
アートとお金の関係に迫った初のドキュメンタリー映画

アートのお値段

バンクシーが1億5000万円の絵を落札の瞬間に細断したり、ジェフ・クーンズのステンレス製のウサギの彫刻が存命アーティスト最高額の100億円で落札されたりと、日本でもアートオークションの話題がニュースを賑わすようになった。今やアート作品は株や不動産のように投資の対象となり、世界のアート市場はかつてないバブルに湧いている。だけどいつからアートが商品になったのか?誰が何のために買っているのか?そもそも、アートの値段って何だろう?

『アートのお値段』は『マイ・アーキテクト ルイス・カーンを探して』でアカデミー賞候補になったナサニエル・カーン監督が、誰もが抱くそんな疑問を美術界の有力者たちにダイレクトに投げかけながら、アートとお金の関係を探るドキュメンタリー。めくるめくアートの世界を彷徨いながら、カーン監督はもう1つの疑問にたどりつく。「そもそも、アートの価値って何だろう?」。アート市場の舞台裏に、あなたの答えを探しに行こう。

監督:ナサニエル・カーン/出演:ラリー・プーンズ、ジェフ・クーンズ、ゲルハルト・リヒター他
2018年/アメリカ/98分/英語/DCP/カラー/配給:ユーロスペース

  • 予告編

  • 公式サイト

    http://artonedan.com/

  • 公開日

  • 上映時間

  • 入場料金

  • 前売券情報

  • イベント情報

TOP