ユーロスペース

オンラインチケット

トップページ > BPM ビート・パー・ミニット

BPM ビート・パー・ミニット

3月24日(土)公開

全力で生きて、愛して、闘った―
実話から生まれた、魂を激しく揺さぶる濃厚で鮮烈な愛と人生の物語

BPM ビート・パー・ミニット

© Céline Nieszawer

「ACT UP Paris」のメンバーたちは、新薬の研究成果を出し渋る製薬会社への抗議運動や高校生にコンドームの使用を訴えたり、プライド・パレードへ参加するなどの活動を行っていた。行動はのメンバーであるショーンは、HIV陰性だが活動に参加し始めたナタンと出会い、やがて恋に落ちる。しかし、ショーンはすでにHIVに感染しており、自分の運命を自覚していた―。

本作は実話をベースに、ACT UPのメンバーだった監督自身の経験を交え、映画化。1990年代初頭のパリ。エイズの治療は発展途上で、誤った知識や偏見をもたれていた時代、エイズ患者やHIV感染者への差別や不当な扱いに抗議し、政府や製薬会社などへ変革を求めた実在の団体「ACT UP Paris」の活動を通して、若者たちが命を懸けて闘った姿を描く。生と死、理想と現実の狭間で揺れ動きながらも、強く生きる若者たちの生き生きとした表情や全身からほとばしるエネルギーがスクリーンに刻み込まれ、観る者の鼓動は高鳴り、魂を激しく揺さぶられる。
本作は、第70回カンヌ国際映画祭でグランプリと国際映画批評家連盟賞をダブル受賞。カンヌ国際映画祭を覆った興奮はそのままフランス国内はもとより世界各国へも電線し、各地で賞賛の嵐につつまれ、アメリカの映画批評家協会賞など世界の映画賞でもノミネート、受賞が続いている。

監督:ロバン・カンピヨ/出演:ナウエル・ペレーズ・ビスカヤート、アルノー・ヴァロワ、アデル・エネル
2017年/フランス/カラー/シネマスコープ/5.1ch/DCP/143分/配給:ファントム・フィルム

  • 予告編

  • 公式サイト

    http://bpm-movie.jp/

  • 公開日

  • 上映時間

    3月30日(金)まで 11:00/14:00/17:00/20:00
    3月31日(土) 11:00/14:00/17:00
    4月1日(日) 10:00/15:00/18:30
    4月2日(月)より 11:00/14:00/17:00

  • 入場料金

    一般1800円/大学・専門学校生1400円/会員・シニア1200円/高校生800円/中学生以下500円

  • イベント情報

TOP