ユーロスペース

オンラインチケット

トップページ > KOKORO

KOKORO

11月4日(土)公開

弟の死をきっかけに訪れた静寂の島で取り戻したものとはーーー。
今を生きるあなたへ贈る こころの処方箋

KOKORO

©Need Productions / Blue Monday Productions


夫と思春期の子供二人とフランスで暮らすアリスの元に、長い間旅に出ていた弟ナタンが戻ってきた。日本で生きる意欲を見つけたと幸せそうに語った数日後、弟は突然この世を去ってしまう。弟の死にショックを受けたアリスは、弟を変えた人々、そこにある何かに出会うため、ひとり日本を訪れる。弟の足跡をたどりアリスが行き着いたのは、投身自殺の名所と知られる崖のある海辺の村。そこで出会った元警察官の男ダイスケは、悩める人々の心に寄り添い、自殺を思いとどまらせていた。求めすぎず、静かに傷を癒すことのできるその場所にアリスはどこか安らぎを感じる。そしてダイスケをはじめジロウ、ヒロミ、ミドリ、ハルキら、その村で出会った人々との交流が、静かにアリスの心に変化をもたらしていくー。

日本の美しく険しい自然のもと人間の回復の物語を紡いだのは、ベルギー女性監督ヴァンニャ・ダルカンタラ。フランスのオリヴィエ・アダムによる小説を、ベルギー・フランス・カナダ・日本からなる4カ国混成スタッフと共に、穏やかに心洗われる物語へと昇華させた。主人公アリスには、セザール賞常連女優であり、映画『奇跡のひと マリーとマルグリット』のイザベル・カレ、もう一人の主人公ともいえる元警察官のダイスケを、韓国映画『哭声/コクソン』で国内外の注目を浴びた國村隼が、深みのある芝居をみせている。さらにアリスが出会う地元住人ジロウを安藤政信、好奇心旺盛な女子高生ヒロミを門脇麦、ダイスケの元に身を寄せる自殺志願者を長尾奈奈、葉山奨之が演じている。忙殺される日常の中で失った何かに気づかされる、心に染み入るドラマが待望の日本公開となる。

監督:ヴァンニャ・ダルカンタラ/出演:イザベル・カレ、國村隼、安藤政信、門脇麦
2016年/ベルギー・フランス・カナダ/95分/カラー/シネマスコープ/5.1ch/配給:ブースタープロジェクト

  • 予告編

  • 公式サイト

    http://www.kokoro-movie.jp/

  • 公開日

  • 上映時間

  • 入場料金

    一般1800円/大学・専門学校生1400円/会員・シニア1200円/高校生800円/中学生以下500円

  • 前売券情報

  • イベント情報

TOP