ユーロスペース

オンラインチケット

トップページ > 74歳のペリカンはパンを売る。

74歳のペリカンはパンを売る。

10月7日(土)公開

創業74年。東京・浅草。たった2種類のパンのみを作る「パンのペリカン」。
パン作りを通して見えてくる、モノづくりの本質。

74歳のペリカンはパンを売る。

©ポルトレ

浅草にある老舗パン屋、ペリカン。ペリカンのロゴマークが目印の店先、朝8時の開店前には行列ができる。その光景は毎日変わることがない。
たくさんのパン屋が乱立し、多種多様なパンがあふれかえる東京。その中にあって、ペリカンで売っているのは食パンとロールパン、たった2種類のパンのみ。それなのにお客さんが途切れることはなく、売り切れまで賑わいは続く。「まだ、ありますか?」それは、まるで合言葉のようだ。このパンの何が、ここまで人を惹きつけるのだろうか。
『74歳のペリカンはパンを売る。』は「パンのペリカン」のパン作りとその魅力に迫るドキュメンタリーである。

「2種類のパンのみを作る」というパン業界でも異質の存在。町の普通のパン屋として開業したペリカンは、変わりゆく時代に対応しながら、いまや“パン業界の財産”とまで言われる唯一無二の存在となった。
その店を切り盛りするのは、4代目店長・渡辺陸さん。現在29歳。創業74年の老舗の伝統と若き店長を今も支えているのは、二代目店主・渡辺多夫(ルビ:かずお)さんの存在。菓子パンも作っていた店を2種類のパンのみに変え、ペリカンのブランドを作り上げた張本人である。ペリカンのパン作りの現場に迫ってみると、モノづくりの本質と “売れるパンを作る”という商売の本質が見えてきた……。
そして、時代がかわっても、その素朴な味を変えることなく、「パンのペリカン」では毎朝4時から職人たちがパンを焼いている。

監督:内田俊太郎/出演:渡辺多夫、渡辺陸、名木広行、伊藤まさこほか
2017年/日本/80分/カラー/配給:オルケスト

  • 予告編

  • 公式サイト

    http://pelican-movie.tokyo/

  • 公開日

    10月公開

  • 上映時間

    10月7日(土) 10:50/12:40/14:30/15:30/19:15
    10月8日(日)、9日(月) 10:50/12:40/14:30/15:30/19:10
    10月10日(火)~ 10:50/12:40/14:30/19:10
    ※15:30の回はユーロライブで上映

  • 入場料金

    一般1800円/大学・専門学校生1400円/会員・シニア1200円/高校生800円/中学生以下500円

  • イベント情報

TOP