ユーロスペース

トップページ > スプリング、ハズ、カム

スプリング、ハズ、カム

2月25日(土)公開

別れの予行練習のような、東京小旅行
娘を知る、父を知るための、可笑しくせつない、世界初ご町内ロードムービー

スプリング、ハズ、カム

(c)「スプリング、ハズ、カム」製作委員会

二月のある日、シングルファーザーの肇は、広島から上京して、この春から東京の大学に通う娘の璃子のため、二人で部屋探しに歩く。そこで出会う人々とのふれあいが、二人の心にかけがえのない思い出を刻み付けていく。たった一日のちいさな旅路が終わりに近づくころ、肇は璃子が幼いころに死別した妻との思い出を語りはじめる。璃子にとってそれは、今まで知ることのなかった父と母の秘められた物語であった…。

テンポのいい語り口と、江戸の町人から現代のギャルまで多彩なレパートリーを演じ分ける落語会の鬼才、柳家喬太郎が映画初主演。遅咲きの主演俳優の登場に、公式上映された東京国際映画祭では海外の映画人から「あれは誰か?」と問合せが殺到した。娘の璃子には、E-girlsのメンバーで、『ソロモンの偽証』など女優としても確かな演技力を見せる石井杏奈。二人は吉野監督と共に、撮影の二ヶ月前から広島弁の方言指導と心の距離を近付けるためのワークショップを積み重ねた。その成果が、劇中での広島弁の絶妙な掛け合いに活かされている。
監督は、初長編『あかぼし』が自主製作にも関わらず第25回東京国際映画祭・日本映画ある視点部門に出品された吉野竜平。次々に若い映画監督による新しい邦画が生まれる中、今後のオファーが絶えない注目の新鋭だ。東日本大震災の悲しいニュースを目の当たりにして、「ありふれていても一生忘れない宝物のような一日を描ければ」という思いを込めて本作に臨んだ。

監督:吉野竜平/出演:柳家喬太郎、石井杏奈、朴璐美
2017年/日本/102分/カラー/配給:エレファントハウス

  • 予告編

  • 公式サイト

    http://springhascome.xyz/

  • 公開日

  • 上映時間

    18:30~20:30

  • 入場料金

    一般1800円/大学・専門学校生1400円/会員・シニア1200円/高校生800円/中学生以下

  • イベント情報

    ■トークショー開催
    2月25日(土) 上映後 ゲスト:いちろー と せんせい (from東京カランコロン)、吉野竜平監督 ★ミニライブあり!
    2月26日(日) 上映後 ゲスト:梅舟惟永さん、兼松若人さん、信國輝彦さん、バルニーさん、シャキールさん、吉野竜平監督
    2月27日(月) 上映後 ゲスト:矢田部吉彦さん (東京国際映画祭プログラミングディレクター)、吉野竜平監督
    2月28日(火) 上映後 ゲスト:柳家喬太郎さん、吉野竜平監督
    3月1日(水) 上映前 ゲスト:柳家喬太郎さん、吉野竜平監督
    3月2日(木) 上映後 ゲスト:角田晃広さん、吉野竜平監督
    3月3日(金) 上映前 ゲスト:柳家喬太郎さん、吉野竜平監督

TOP